比較検討

学資保険選びの注意点

学資保険を選ぶにあたって注意したい点とはなにがあるでしょうか。
まず、学資保険を選ぶ基準を決める事が大切です。
貯蓄に重点を置くのであれば、返戻金が100%を切らない事が最重要です。
生命保険の補助的な保険として選んで、貯蓄が次に重要というのであれば、保障の充実度が重要になってきます。
貯蓄に重点を置いた場合、返戻率が高い商品を選ぶことで、定期預金よりも戻りが多いという利点があります。
しかし、学資保険は、途中解約することによって元本割れを起こしてしまい、支払った保険料よりも、戻ってくる保険料が少なくなってしまうので注意が必要です。
最終的に、どれくらいの金額を学資保険で用意したいかという事もポイントになってきます。
長期的に払い込む保険なので、無理をせずに支払える金額の設定をすることが重要です。
また、保険会社も長期的にみて、破たんなどの危険性がないかを見極める事も大切です。
破たんした場合、やはり元本割れになってしまう可能性があるからです。
大切な教育資金を守るためにも、安全な保険会社を選択する必要があります。

生命保険などの意味合いも兼ねての加入に重点を置く場合はどうでしょうか。
学資保険には、契約者にもしもの事があった場合に、払い込み保険料を免除するという特約や、死亡保障が付いています。
ほとんどの契約者は、父親になるケースが多いですが、父親は、生命保険にも加入している場合多いです。
母親が契約者になる場合、保険料も安い傾向があります。
母親を契約者にして、母親の生命保険替わりに加入するという方法もあります。
万が一の事があった場合、払い込み料が免除されるだけでなく、死亡保障などで、学費だけでなく、家政婦代などに充てる事ができるという考え方もできるからです。

何のために、また、どういう部分に重きを置くかによって選ぶ保険も変わってくるはずです。
入るからには、最後まで払うという事を念頭において、自分に一番あう学資保険に出会いたいものです。