比較検討

学資保険加入の年齢はいくつくらい?

学資保険は、子供の年齢が何歳から何歳まで加入できるのかご存じでしょうか。
一般的に、契約者と、子供の年齢が低ければ低いほど、払い込み保険料は安くなります。
契約者が若ければよいのは、保険会社によって、若い方が死亡保障のリスクが低くなるからです。
また、満期(大学入学時など)から、子供の年齢が遠いほど、払い込み期間が長くなるので、総額は同じでも、毎月の負担額が低くなるという理由からです。

では、子供が何歳から学資保険に加入できるのでしょうか。
学資保険によっては、出産前から加入できるものも存在します。
出産前に学資保険に入っておくメリットとしては、契約者に万が一の事があった場合に、払い込みが免除される特約が、加入時から適用される点が挙げられます。
また、早ければ早いほど負担が少ない保険ですが、出産後すぐは、何かとバタバタしがちで、保険の契約などの時間が取れないものです。
その点妊娠中であれば、まだ子供も生まれていないので、契約の時間や相談の時間にも余裕が持てるという利点があります。

学資保険は、子供の教育資金です。
子供がいなければ加入できません。
満期が18歳という商品が多いので、18歳を過ぎると当然加入できない保険です。
では、具体的に子供が何歳まで加入できるのでしょうか。
保険会社や、保険のプランによってもさまざまですが、一般的には、小学校入学前までの年齢が多いようです。
遅くとも小学校卒業の年齢の12歳までのようです。
祝い金が受け取れるタイプなどですと、幼稚園入園児から受け取れるものがあるので、幼稚園入園前の年齢が上限に設定されています。

学資保険加入時に、子供の健康状態を告知する必要がある保険もあります。
何かしらの疾患を抱えていると、保険の選択の幅も狭くなってしまうと言えます。
万が一病気になる可能性も考えて、早めの加入が重要と言えます。
保険料を安く抑えたい等の考えがあるのであれば、なおさら、妊娠中などの早い段階から学資保険を検討することが大切です。