比較検討

学資保険に第三者賠償ついている?

第三者賠償という言葉をご存じでしょうか。
第三者賠償とは、不慮の事故などで、第三者を傷つけてしまった場合の賠償責任保険です。
具体例を挙げると、公園でキャッチボールをしていて、取り損ねたボールが通行人に当たりケガをさせてしまったや、買い物中に誤って商品を壊してしまった等、日常の思いがけないトラブルを幅広く補償してくれる保険です。
賠償金だけでなく、トラブル相手との示談交渉サービスの特約もあります。
個人賠償責任保険とも言われるこの保険は、単体では販売されていません。
自動車保険や、火災保険、自転車保険、学資保険などに特約としてつける事ができる保険です。
保険料は、年間2000円程度までが主流で、1億クラスの賠償額までカバーするコストパフォーマンスの良い保険です。

さて、この保険ですが、学資保険につける事も可能な事が多いです。
しかし、自動車保険や、火災保険の加入者であれば、気付かぬうちに加入している場合も多いものです。
ダブりで入ると無駄以外の何物でもないので、一度学資保険以外の保険証券を確認することをお勧めします。
クレジットカードの会員限定サービスなどとしても加入することができる保険なので、そちらも確認してみましょう。
もし加入していないのであれば、学資保険に特約としてつけておけば、保険期間が長い保険なので、安心です。
自動車保険などで、毎年加入し直すという方法でも、もちろん構いません。
子供に限らず、不慮の事故は予測不可能です。
学資保険に加入を検討しているのであれば、こういった保険についても、一度検討してみてはいかがでしょうか。
補償の範囲は広いですが、範囲外の事もあります。
職務中に起こった賠償事故や、喧嘩などの闘争行為が原因の事故、海外で起こった事故、同居の親族に対する賠償事故などです。

また、他人から借りたものの損害も対象外です。
これは、不慮の事故ではなく、自分の管理責任を問われる事故という理由によるものです。
また、補償対象は、家族全員となる事が多い事も特徴です。