比較検討

大学入学時の学資金準備のための学資保険

大学入学時に満期になる学資保険に加入したいと明確な目的があるのであれば、学資保険の選択もしやすくなります。
祝い金型の学資保険よりも、満期のみに保険料を受け取る、大学入学時の学資金準備のための学資保険のほうが返戻率も高いのが一般的です。
ではいくら準備金が必要なのでしょうか。
大学入学時には、国公立でも、200万弱から、私立になると、250万弱から必要とされています。
そのほかにも、一人暮らしをする場合などは、アパートなどの契約金や、家財道具など、生活基盤を整える事にもお金が必要になってきます。
また、専門学校へ進学する場合でも、通学期間2年で、合計200万以上は必要な事が一般的です。

仮に、200万円を18歳で受け取ると仮定して、子供の年齢が0歳で学資保険に加入した場合、月払い保険料は1万程になります。
また、児童手当が出ている15歳までに払い込みを終える場合は、払い込み期間が短いほど学資保険の返戻率も高くなるので、多少払い込み金額が増えても、戻り分が多くなることになります。
子供が成長すると、その分生活費や、教育費もかさみます。
子供が小さいうちに、児童手当なども利用しながら払い込みを終えると、返戻率も高くなるので、払い込み方法を工夫することも大切です。
子供が、一定の年齢になったら、共働きにする計画の家庭も多いかと思います。
学資保険に加入している期間に、どういった収支の変動が起こりうるかも考えて、必要と思われる金額を全額ではなくとも準備しておくと、安心です。
大学入学に合わせて保険を活用するのもいいでしょう。

学資保険は、途中で解約せずに、全額払い込んで初めて返戻率の恩恵を受ける事ができる保険です。
家庭の長期的収支を考えて無理のない払い込み金額を設定することが何よりも大切です。
生まれたばかりの子供は、どういう進路を進むかはまだ分かりません。
しかし、あらゆる選択肢を選べるように、最低限の教育資金を準備するためには、学資保険は有効な方法と言えます。