比較検討

学資保険で保険料控除となるのはどういう時?

学資保険が、生命保険料控除の対象となっていることは知っていましたか。
サラリーマン家庭ならば、年末調整http://minnieshouse.jp/nenmatutyousei.htmlで自営業者であれば、確定申告によって控除される対象になっています。
生命保険料控除は、所得税で最大4万円、住民税で最大2万8千円となっています。
仮に学資保険の保険料を年間10万円支払っていたとしても、控除額は最高で4万円という事になります。
生命保険料控除の適用を受ける為には、サラリーマンであれば、年末調整の給与所得者の保険料等控除申告書に、生命保険料控除証明書を合わせて提出する必要があります。
生命保険料控除証明書とは、保険会社から郵送で、10月~12月に送られてくるもので、これが無いと申告できません。

万が一紛失した場合は、再発行手数料がかかる場合が多いので、無くさないように注意が必要です。
保険に加入していれば毎年送られてくる大切な必要書類なので、きちんと保管しましょう。
自営業者であれば、この保険料控除証明書を添付して、確定申告を行う事で控除されるしくみです。
しかし、学資保険は、一般生命保険料控除という枠に入っている保険ですので、学資保険と、通常の生命保険の金額が合算された金額で計算されます。
学資保険は、一般的に父親が契約者となっていることが多いので、父親が、生命保険に加入していた場合、生命保険料のみでも一般生命保険料控除は限度額に達していることがほとんどです。
どれだけ多くかけても、控除額の上限は決まっています。

保険料が控除になるからと言って、控除目的でたくさん保険料をかけるという事は無駄と言えます。
学資保険のみで保険料控除となる場合は、他の生命保険に加入していない場合と言えます。
メリットの一つとして、定期預金や、普通預金の利率よりも学資保険には返戻率がある分、戻ってくる金額が多いという事が挙げられます。
さらに、保険という役割もあるので、保険料控除の対象にもなるという事も知っておいて損はありません。