比較検討

学資保険はどのくらいの額が必要?

子供が大学卒業までにかかる教育資金は、どれくらい必要だとおもいますか。
一人当たり1千万から2千5百万ともいわれています。
しかし、学資保険の上限金額は、1千万円と決められています。
つまり、学資保険だけでは教育費はまかなえない計算となってしまうのです。
一般的に学資保険に加入している家庭では、一人当たり200万から300万の満期の保険に加入することが多いようです。
学資保険は、長く払い込む必要がある保険で、途中解約すると元本割れしてしまい結果的に損することになってしまいます。
家計に負担のかからない金額設定でなければ、長く続けられません。

また、一つの保険会社に高額の学資保険をかけてしまうと、万が一保険会社が破たんした場合も元本割れhttp://demolesson.com/gannponnware.htmlしてしまう可能性があります。
支払っていける金額と、リスク軽減などの両面からかんがみると、200万から300万満期という保険が一般的に妥当だという事が言えます。
また、満期の金額をいつ受け取りたいのかということも、加入する学資保険選びに、かかわってくる問題の一つになるでしょう。
学資保険だけでは、教育費を全額負担することは難しいという事はわかっています。
では、大学の入学準備に受け取りたいというのであれば、大学入学時に必要な金額が導き出されます。

また、中学、高校、大学と入学するたびの準備金として必要であれば、段階に応じて受け取れる保険を選ぶ必要があります。
その時に最低限必要な額から、学資保険の額を導き出す方法も取ることができます。
大学入学後の教育資金として受け取りたいのであれば、入学後に必要な金額を逆算して金額を決めるということも可能になります。
大学入学時に満期になるものや、学校入学ごとに受け取れるものなど、学資保険のプラン選びによっては、受けとる時期もえらべます。
子供の教育資金が必要な時期と、契約者のその時の年齢や、経済状況を予想して、満期の学資保険額を決めるという事も考えられます。